カードローンの申し込み 在籍確認は必ずある?

カードローンを申し込むと、審査の最終段階として在籍確認が行われます。これは申し込みの時に出された書類にかかれた勤務先で、本当にその人が働いているかどうかを確認するものです。その会社での勤務実績がなければ、申込みが虚偽だということになりますし、お金を貸しても返済される可能性が低くなってしまうからです。在籍確認は難しいものではありません。カードローンの申し込みをした会社から電話で連絡がありますので、その電話に出るだけです。特に何か言わなければいけないということもなく、「○○さんですか?」「はいそうです」程度の受け答えしかしませんのであっけなく終わってしまいますし、電話をかけてくるオペレーターはカードローンを利用する会社の名前を言うわけではなく、オペレーターの個人名で電話をしてきますので、最初に電話をとった人にも、周囲に同僚がいたとしても、その人がカードローンを組むための在籍確認の電話を受けているということはわかりません。

在籍確認が終われば、審査は終わったも同然だといわれています。仕事の事情によって外出しているような時に在籍確認の電話がかかってきた場合には、電話に出た人が「外出中です」というようにその会社にいるけれど、仕事で席をはずしているということがわかるような発言をすれば、それが在籍確認となりますので改めて電話がかかってくることはないといわれています。また会社の規定などで仕事中は一切電話を取りつがないという場合には、カードローンの申し込み時にその旨を伝えておきましょう。仕事で外出している時のように、その会社に在籍しているけれど電話に出ることができない、ということを伝えてもらえればそれが在籍確認になることがありますし、場合によってはその会社に在籍しているものがわかる書類を提出することで、電話による在籍確認を行わなくても良い場合があります。提出する書類は様々ですが、会社名が入っている給与明細や、その会社の従業員でなければ持つことがない社員証などが提出書類として使えるといわれています。