主婦でもカードローン審査は受けられる?

主婦はカードローン審査を受けられないというのは、間違った認識です。主婦にも専業主婦と兼業主婦がいて、安定した収入があるとみなされるのが兼業主婦です。例えばパート収入で毎月一定の額をもらっている人であれば、普通にカードローン審査を受けられます。逆に、消費者金融系のカードローンは安定した収入がないと審査条件を満たしていないので、専業主婦は審査を受けることができません。専業主婦も家事や育児で働いている労働者ではありますが、給料をもらって働いているわけではないので、無職扱いで年収0円になってしまいます。銀行系だと総量規制の影響を受けないので、無職扱いの専業主婦でも申し込むことができます。この場合には配偶者の収入と勤務先をベースにして返済能力が判断されます。兼業主婦の場合は、本人の収入と勤務先をベースにして審査が行われます。

専業主婦の場合、配偶者の収入や会社名で審査を行うので、配偶者の名前や会社名を書いていないと審査落ちになるので注意しましょう。専業主婦と兼業主婦のどちらの方が審査が通りやすいかですが、これは配偶者の年収と勤務先で変わってきます。配偶者が一部上場企業のような立派なところで働いていて、年収1,000万円だとしたら、兼業のパートの収入を書くよりも専業主婦として申し込んだ方が有利です。優遇金利での返済や利用限度額が大きい契約ができる可能性が高いです。逆に、配偶者が借金まみれで信用情報に傷があるブラック状態であれば、即落ちてしまうので兼業主婦として自分の収入で申し込んだ方が有利です。「旦那にバレずに借りたい」という場合は、兼業主婦であればできる可能性はあります。(来店不要キャッシング)しかし、専業主婦だと旦那さんの名前や会社名などを記入して、さらにそちらに連絡が行くことが多いので現実的ではありません。どうしてもバレたくないというのであれば、申し込むときに担当者にバレないように配慮してもらえないか相談してみましょう。