主婦はカードローン審査を受けられないというのは、間違った認識です。主婦にも専業主婦と兼業主婦がいて、安定した収入があるとみなされるのが兼業主婦です。例えばパート収入で毎月一定の額をもらっている人であれば、普通にカードローン審査を受けられます。逆に、消費者金融系のカードローンは安定した収入がないと審査条件を満たしていないので、専業主婦は審査を受けることができません。専業主婦も家事や育児で働いている労働者ではありますが、給料をもらって働いているわけではないので、無職扱いで年収0円になってしまいます。銀行系だと総量規制の影響を受けないので、無職扱いの専業主婦でも申し込むことができます。この場合には配偶者の収入と勤務先をベースにして返済能力が判断されます。兼業主婦の場合は、本人の収入と勤務先をベースにして審査が行われます。

専業主婦の場合、配偶者の収入や会社名で審査を行うので、配偶者の名前や会社名を書いていないと審査落ちになるので注意しましょう。専業主婦と兼業主婦のどちらの方が審査が通りやすいかですが、これは配偶者の年収と勤務先で変わってきます。配偶者が一部上場企業のような立派なところで働いていて、年収1,000万円だとしたら、兼業のパートの収入を書くよりも専業主婦として申し込んだ方が有利です。優遇金利での返済や利用限度額が大きい契約ができる可能性が高いです。逆に、配偶者が借金まみれで信用情報に傷があるブラック状態であれば、即落ちてしまうので兼業主婦として自分の収入で申し込んだ方が有利です。「旦那にバレずに借りたい」という場合は、兼業主婦であればできる可能性はあります。(来店不要キャッシング)しかし、専業主婦だと旦那さんの名前や会社名などを記入して、さらにそちらに連絡が行くことが多いので現実的ではありません。どうしてもバレたくないというのであれば、申し込むときに担当者にバレないように配慮してもらえないか相談してみましょう。

消費者金融が中心サービスとして提供してきた個人向けカードローンは、現在ではクレジットカード会社や銀行、信用金庫などの様々な業者が取り扱っており、キャッシングと呼ばれている人気の商品へと成長しています。業者ごとに内容には違いがありますが、運転免許証や健康保険証などの身分証明書一点のみで申し込める手軽さと事業性資金以外であれば資金使途自由という柔軟性の高さが魅力で、多くの人が利用している状況となっています。この中で特に注目を集めているのは、銀行や信用金庫が提供している商品です。これらは、銀行系カードローンとも呼ばれており、消費者金融やクレジットカード会社が提供しているキャッシングとは明確な違いがあります。具体的には、借入総額が年収の3分の1以内に制限するという総量規制の対象からは外れているということです。

この総量規制とは、2010年に完全施行された改正貸金業法に加えられた規則で、貸金業者が提供している個人向けキャッシングを対象としています。業者の貸しすぎと利用者の借りすぎを防ぐことを目的としており、キャッシング審査に申し込む際に借入希望額が50万円を超える場合と借入希望額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入を証明できる書類の提出が必要となります。なお、銀行系カードローンが総量規制の対象から外れている理由は、銀行法という別のルールにより既に規制されているからです。また、もともと審査の難易度は貸金業者のキャッシングよりも厳しめで、貸しすぎという事態になりにくいということも理由となっています。このために、銀行カードローンは借入総額は年収により左右されることはないので、貸金業者の商品では対象から外されている無職の専業主婦でも利用できる商品が存在しています。また、審査の難易度が高いということから商品内容は優秀で、金利が低いということもメリットです。