消費者金融が中心サービスとして提供してきた個人向けカードローンは、現在ではクレジットカード会社や銀行、信用金庫などの様々な業者が取り扱っており、キャッシングと呼ばれている人気の商品へと成長しています。業者ごとに内容には違いがありますが、運転免許証や健康保険証などの身分証明書一点のみで申し込める手軽さと事業性資金以外であれば資金使途自由という柔軟性の高さが魅力で、多くの人が利用している状況となっています。この中で特に注目を集めているのは、銀行や信用金庫が提供している商品です。これらは、銀行系カードローンとも呼ばれており、消費者金融やクレジットカード会社が提供しているキャッシングとは明確な違いがあります。具体的には、借入総額が年収の3分の1以内に制限するという総量規制の対象からは外れているということです。

この総量規制とは、2010年に完全施行された改正貸金業法に加えられた規則で、貸金業者が提供している個人向けキャッシングを対象としています。業者の貸しすぎと利用者の借りすぎを防ぐことを目的としており、キャッシング審査に申し込む際に借入希望額が50万円を超える場合と借入希望額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入を証明できる書類の提出が必要となります。なお、銀行系カードローンが総量規制の対象から外れている理由は、銀行法という別のルールにより既に規制されているからです。また、もともと審査の難易度は貸金業者のキャッシングよりも厳しめで、貸しすぎという事態になりにくいということも理由となっています。このために、銀行カードローンは借入総額は年収により左右されることはないので、貸金業者の商品では対象から外されている無職の専業主婦でも利用できる商品が存在しています。また、審査の難易度が高いということから商品内容は優秀で、金利が低いということもメリットです。